「運動」とメンタルヘルス「心のための運動学」 心に働く運動:ヨガ

「運動」とメンタルヘルス「心のための運動学」 心に働く運動:ヨガ

呼吸法アーサナと呼ばれる独特のポージングによって、精神リラックスさせたり安定させたりするのと同時に、エクササイズにもなるヨガ。簡単なポーズであれば、運動能力を問わずに実践できて、呼吸法だけでもメンタルヘルスにとてもよい影響を与えてくれます。

ヨガを行うことで、心の健康度が高められる

もともとは、インドの宗教的行法として生まれたヨガですが、現代では宗教色は薄れ、ダイエットメンタルヘルスを目的にしたエクササイズやフィットネスの一種として捉えられています。

ヨガメンタルヘルスに効果的だといわれる理由のもっとも大きなポイントは呼吸です。深い呼吸を意識して行うことで、自律神経を整え、脳の興奮を鎮めることで、ゆったりとした気分をもたらしてくれます。

その効果については、さまざまな研究が行われています。
2017年の米国心理学会コンベンションでは、ビクラムヨガに参加した25歳から45歳までの計52名の女性を対象に調査が行われました。ひとつのグループは週2回のビクラムヨガを8週に渡って行い、残りのグループはヨガを行わず、すべての参加者のうつレベルを調査しました。すると、8週間後、ヨガを行ったグループは、そうでないグループに比べてうつ症状が大幅に改善されたという結果が報告されています。また、オランダの総合精神医学センターの調査では、12名の慢性うつ病患者9週間にわたって週1回2.5時間ヨガクラスに参加したところ、うつ症状が緩和され、この効果が実験終了から4カ月経っても継続していたことが発表されています。

ヨガには、さまざまな種類がありますが、メンタルヘルスを目的にする場合は、心地よく体をストレッチしながら、精神をリラックスさせたり安定させたりするものがオススメです。生活の中にヨガを取り入れて、心の健康増進をはかりましょう。

 

こころにいいもの・いいことサイト