心と栄養素の関係

心のバランスがうまく取れなくなったとき、食事の摂り方を見直してみましょう。
なぜなら、脳も神経伝達物質も、私たちが食べた物に含まれる「栄養素」からつくられているから。
適切に栄養素を与えないと、脳はうまく機能しなくなり、心のバランスも乱れます。

たとえば、糖を一度に摂り過ぎると、集中力が落ちたり怒りが抑えられなくなったりするし、
ある種のたんぱく質が不足すると、わけもなく落ち込むようになります。
逆に、深刻な幻覚や幻聴が、特定のビタミンを大量に摂ることで改善された実例もあります。

身体と同じように、心の状態も、摂取する栄養素に依存している部分が大きいのです。
だったら、心に良い栄養素を積極的に摂るほうが賢い選択だと思いませんか?
そのためにも、まずは脳のメカニズム、そして栄養素との関係を理解しましょう。

人間の脳と神経回路のつながり
神経伝達物質って何? 「心の状態」は「脳の状態」 嬉しかったり、悲しかったり、ウキウキしたかと思えば、イライラしたり…。私たちの心は、いつも目まぐるしく変化します。しかも、同じような経験でも、あるときは不愉快だったのに、別...
6101 PV