愛と希望と勇気のメッセージ2「挫折したとき」

愛と希望と勇気のメッセージ2「挫折したとき」

大きな失敗や挫折をしてしまったときは、本当にショックです。
心が打ちのめされます。
失敗の経験はツライです。
落胆して、気が滅入って、やる気も希望も失ってしまいます。
でも、それはそれ。やってみてダメだったら、それはそれでいいのです。
人生を生きる中で、失敗や挫折は必ず訪れる経験です。
失敗は当たり前のこと。もっと気をラクにしていいんです。

子どもの頃、つまずいて転んで、よくケガをしましたよね。
そのときは本当に痛くて、心も沈み、いっぱい泣きました。
でも、痛い体験は時間とともにいつの間にか収まっていましたよね。
あの大人版を体験しているようなものです。

痛みや落胆は経験しますが、通過させてしまいましょう。

私たちの人生において、
目の前に起きてくることは、私たち自身をよりよくするために、
もたらされるレッスンです。
そのレッスンに向かい合って取り組み続けると
人生は進んで行きます。
でも、そのレッスンから逃げてばかりいると、
時間ばかりが過ぎ、歳はとりますが、人生は進んでいきません。

どちらを選ぶのもあなた次第です。
もう逃げたくないと思ったら、向かい合うだけです。
ただ、向かい合うには、決意が必要です。
だから、もう一度、決意をする、それだけなのです。
あなたが向かい合うと決意し、その決意を持ち続けることで、
行動が変わります。行動が変わると結果が変わっていきます。

いますぐ向かい合うことがまだツライのであれば、
無理をせず、しばらく休んでください。
そして、「もう休んでばかりいられないな」と思えてきたら、
そこが、向かい合うチャンスです。再度、決意をし直す時です。
そして、ここからは、その決意を持ち続けることへのチャレンジが始まります。
大丈夫です。一歩ずつ、ゆっくりでいい。進んでいきましょう。

次に、愛と希望と勇気のメッセージ3「挫折を繰り返したとき」を読む

こころにいいもの・いいことサイト