認知行動療法を知る

うつ病、不安障害、強迫神経症などの心の病気に苦しむ人の中には
物事・状況の受け取り方や分析の仕方(=認知)に偏りが生じていることが少なくありません。
その認知の偏りを、患者自身が自覚して整えることにより、
心的ストレスを軽減し、なおかつ対処できるようにするのが、
認知療法・認知行動療法(※)です。

薬物療法や電気刺激療法のように受動的なだけのものではなく、
患者さん自身が考え、行動し、専門家のサポートのもと積極的に取り組む療法です。
臨床心理学では心理療法、精神医学では精神療法と呼ばれる分野に位置づけられ、
医師や臨床心理士、カウンセラーなどの専門家の手により行われています。

日本では、2010年度から、医師の治療については一定条件のもとで保険適用となり
これからの普及と活用が期待されています。

※「認知療法」および「認知行動療法」の2つの用語の違いについては、「認知行動療法とは」のページを参照。

認知行動療法を知る 「ありのまま」を受け入れる・アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)
New Arrivals
問題や不安とうまくつきあう心理学的療法 日常生活において、私たちはしばしば悩みや問題、不安を抱え込みます。たとえば、仕事で成果を上げられない、対人関係がうまくいかないといったことは、誰もが経験していることです。初めはほんの...
4055 PV
ソーシャルスキルトレーニング
New Arrivals
社会とつながるスキルを磨く 私たちは、生きていくなかで様々な経験によって社会や人との関わり方を学んでいきますが、人によってはその学習ができないまま大人になったり、精神疾患によってそれがうまくできなくなったりすることがありま...
2271 PV