心の病気の症状別自己診断(セルフチェック) 統合失調症スペクトラム障害

心の病気の症状別自己診断(セルフチェック) 統合失調症スペクトラム障害

統合失調症スペクトラム障害

自己診断(セルフチェック)

【統合失調型パーソナリティ障害】

1. 他人が話しているのを見ると、自分の悪口を言われている気がする。

2. 迷信を信じやすい。または、霊感や超能力は絶対にあると思う。

3. 他人には見えないものが見えたり、聞こえないものが聞こえたりするように思う。

4. 話が回りくどい、分かりにくいと言われることが多い。

5. 簡単には他人を信用しない。

6. 感情の表現が他人と違う。または、ほとんど感情が動かない。

7. 奇抜な恰好をしている、言動が奇妙だと言われる。または自分でそのように思う。

8. 親や子どもなど近しい家族しか信頼できない。友達がいない。

9. 人とのコミュニケーションが不安で、つい悪い結果を想像してしまう。

上記の項目で5つ以上該当する場合、
「統合失調型パーソナリティ障害」の疑いがあります。

【妄想性障害】

1. ひとつ(または複数)の妄想が1カ月以上続いている。

2. 以下のA~Eの中で2つ以上あてはまる項目があるが、それらが1ヵ月以上続いたことはない。

A 妄想
B 幻覚
C 話の脱線や支離滅裂な会話
D まとまりのない言動
E 感情の平板化・意欲欠如

3. 妄想や妄想の影響以外は、目立って奇妙な言動はない。

4. 躁病的だったり抑うつ的だったりもするが、期間的には妄想のほうが長い。

上記の1~4のすべてに該当する場合は、「妄想性障害」の疑いがあります。

【短期精神病性障害】

1. ひどくまとまりのない行動があり、なおかつ以下のA~Cにあてはまる項目がある。

A 妄想
B 幻覚
C 話の脱線や支離滅裂な会話

2. 1のような状態になると1日以上続くが、1カ月未満で治まる。また、その後は完全に以前と同じ状態に戻っている。

上記1、2のどちらにも該当する場合は、「短期精神病性障害」の疑いがあります。

【統合失調症様障害】

1. 以下のA群とB群のどちらにもあてはまる項目がある。

A群 妄想・幻覚・話の脱線や支離滅裂な会話
B群 まとまりのない言動・感情の平板化や意欲欠如

2. 1の状態が1ヶ月以上、6ヶ月未満続いている。

3. 1の状態のとき、抑うつ状態や双極性障害の状態は同時に起きていない、または、起きていても時期で見ると半分以下である。

上記1~3のすべてに該当する場合は、「統合失調症様障害」の疑いがあります。

【統合失調症】

1. 以下のA群とB群のどちらにもあてはまる項目がある。

A群 妄想・幻覚・話の脱線や支離滅裂な会話
B群 まとまりのない言動・感情の平板化や意欲欠如

2. 1の状態が始まってから、仕事や学業、対人関係、自己管理などの機能が著しく低下した。

3. 1の状態が6ヶ月以上続いている。

4. 1の状態のとき、抑うつ状態や双極性障害の状態は同時に起きていない、または、起きていても時期で見ると半分以下である。

上記1~4のすべてに該当する場合、「統合失調症」の疑いがあります。

ただし、自閉スペクトラム症や小児期発症のコミュニケーション症の病歴がある場合は、
この限りではありません。判断は非常に複雑になります。

 

DSM 第4版から第5版への変更点の概略

DSM第4版では「統合失調症」と「妄想性障害」「短期精神病性障害」「統合失調症様障害」は異なる疾患とされていました。しかし、第5版では、これらは統合失調症の一連の連続体(スペクトラム)とみなされるようになりました。
統合失調症スペクトラム障害は、「妄想」「幻覚」「思考の解体(話の脱線や支離滅裂な会話)」「緊張病性の言動(まとまりのない言動)」「陰性症状(感情の平板化・意欲欠如)」という5つが中核症状となります。それらの症状があるかないか、相対的に強いか弱いか(程度や持続時間)によって、「統合失調型パーソナリティ障害」「妄想性障害」「短期精神病性障害」「統合失調症様障害」「統合失調症」に分類されます。

「DSM」とは何か?知りたい方はこちら

 

次に、統合失調症の改善ステップ を読む

または、統合失調症のケーススタディ を読む

こころにいいもの・いいことサイト