心に働くレシピ─19 暑さでがっくりきたときの「心の夏バテ解消アボカドアイスクリーム」

心に働くレシピ─19 暑さでがっくりきたときの「心の夏バテ解消アボカドアイスクリーム」

暑くなると気持ちが落ち込む・食欲がなくなる・眠れない

近年の尋常でない夏の暑さにより、身体のみならず心もバテる「夏季うつ病」が増えています。気分が落ち込むし、よく眠れない、食欲もないので体力も落ちてしまう。でも、甘くて冷たいものなら食べられるかも…。そんなとき、ぜひ試していただきたいレシピです。

こんなとき積極的に摂りたい栄養素と、それを含む食品は?

  • トリプトファン
    牛乳、チーズ、ヨーグルト、卵、豆乳、豆腐、納豆、厚揚げ、かつお、まぐろ、レバー、豚肉(赤身)、鶏肉(胸肉)など
  • チロシン
    高野豆腐、焼き麩、そば、大豆、タケノコ、乳製品、チーズ、卵、かずのこ、しらす、かつお節、するめ、まぐろ、白鮭など
  • ビタミンB群
    芽キャベツ、アスパラ、アボカド、クレソン、ネギ、ニンニク、枝豆、ソラマメ、小松菜、海苔、納豆、卵、鶏肉(胸肉)、豚肉(赤身)など

  • 切り干し大根、小松菜、水菜、キクラゲ、大豆、海苔、ひじき、煮干、レバー、鶏肉(はつ)、プルーン、干しブドウ、アボカド、ゴマ、きな粉、焼き麩、アマランサスなど
  • 亜鉛
    大豆、高野豆腐、卵黄、かき(貝)、たたみいわし、煮干、たらこ、マトン、きな粉、アボカド、ゴマ、抹茶、ピュアココア、カシューナッツなど

この食品を手軽に食べるには?

■アボカドアイスクリーム■

<材料>
・完熟アボカド 1/2個
・牛乳または豆乳 25cc
・卵 1/2個
・レモン汁 小さじ2
・メープルシロップ 大さじ1
・カシューナッツ 数粒

<作り方>
① アボカドは縦2つに割って種を取り出し、スプーンで中身をくりぬく
② ①をボウルなどの器に移す
③ ②に、カシューナッツ以外の残りの材料と一緒にミキサーにかけてペースト状にする
(ミキサーがなければ、すり鉢で擦るか、直接ジッパー付き冷凍保存袋に入れて袋を破かないように注意しながら揉む)
④ ③をジッパー付き冷凍保存袋に入れて凍らせる
⑤ 凍ったら、いったん袋の上から揉みほぐす
(カチカチになってしまったら、10~15分くらい常温に置いて少し溶かし、すりこぎなどでほぐす)
⑥ ⑤を器に盛る
⑦ カシューナッツをトッピングする

アボカドは、まざまな栄養素を効率的に摂取できる食材です。果物の中ではカルシウムやマグネシウムも豊富なので、イライラ予防も期待できます。
1人前の量が少ないので、2~4人前くらいがつくりやすいです。ただし、食べ過ぎると身体を冷やし、糖分摂取も多くなるので気をつけましょう。

こころにいいもの・いいことサイト