TED史上歴代2位の視聴記録を誇るプレゼンテーション「ボディランゲージが人を作る」

TED史上歴代2位の視聴記録を誇るプレゼンテーション「ボディランゲージが人を作る」

背筋を伸ばすとストレスホルモンが減るってホント?

【背筋を伸ばした場合】
ストレスホルモンであるコルチゾール値・・・25%減↓
意欲や集中力を高めるテストステロン値・・・20%増↑

【背筋を丸めた場合】
ストレスホルモンであるコルチゾール値・・・15%増↑
意欲や集中力を高めるテストステロン値・・・10%減↓

この実験は、社会心理学者であるハーバード大学の
エイミー・カディ准教授が取り組む
「ポーズ(ボディランゲージなどの非言語行動)が体内のホルモン量に与える影響」
についての研究の一環で行われました。

この数値は、ただポーズをつけるだけで出た結果だったといいます。
だとしたら、意識的にポーズ、つまりフリをし続けることで、
内面に、ひいては人生に変化を引き起こせる!?

エイミー・カディさんのTEDでのプレゼン
「ボディランゲージが人を作る」

こころにいいもの・いいことサイト