知る人ぞ知る治療法「ケイシー療法」

知る人ぞ知る治療法「ケイシー療法」

ケイシー療法とは?

エドガー・ケイシーは、46歳から晩年のあいだに約14,000件ものリーディングを行った予言家、診療診断家と知られる人物です。そのうち、約9,000件で語られていたのが病人の医学的な診断とその治療法で、彼がリーディングで残したその手法をいまに伝えるのがケイシー療法」です。ケイシーのリーディングでは、癒しとホリスティックな視点による体の原理に基づき、肉体と心と魂三位一体ととらえており、病気の対処法だけではなく、生き方や考え方、心の有り様など、その人自身へのトータルなアプローチが行われます。

エドガー・ケイシーは健康の基本原則を、下記の4つに集約しています。

(C)循環作用 Circulation
血液やリンパ液などの体液や神経、気やエネルギーなどを整えること。
運動オイルマッサージ、整骨療法など

(A)同化作用 Assimilation
同化とは食物を消化吸収する能力。体をつくる基本となる食事は、ケイシー療法の基本。
→毎日の食事をアルカリ性食品80%酸性食品20%で構成し、1日7〜8杯飲むのが基本的な食事法。

(R)弛緩作用 Relaxation
十分や睡眠やリラクセーションの時間をとることは、仕事や日中の活動と同じくらいに大切。
→体をリラックスさせるためにケイシーはインピーダンス装置を推奨。

(E)排泄作用 Elimination
体の毒素を排出し、体内を浄化すること。それができると、体は自然に健康な状態へと向かっていくことができる。
ひまし油湿布、洗腸、適度な運動

この代表的な4つの要素の頭文字をとって、「CARE」と覚えることがケイシー療法ではすすめられています。そして、この基本原則を達成するためにさまざまな療法が提案されています。代表的な方法をいくつか紹介します。

<ひまし油湿布>
フランネルの生地にひまし油をたっぷりしみこませ、肝臓周辺の腹部に湿布をするという療法。温熱ヒーターを使って温めることで、ひまし油のエネルギーが活性化し、主に毒素の排泄をしてくれます。

<オイルマッサージ>
ケイシー療法ではピーナッツオイルやオリーブオイルを混合したものを使います。血行を高めるほか、内分泌腺の活性化、老廃物の排泄、背骨の矯正を促すなどの働きがあります。

<食事療法>
毎日の食事(朝・昼・晩)をアルカリ性食品80%、酸性食品20%で構成し、1日7〜8杯、成人男性なら1日2リットル飲むのが基本的な食事法です。また、主食にすべき食材、避けたほうがいい食材として下記をあげています。

●主食にすべき食材
野菜(とくに、ほうれん草、キャベツ、かぼちゃ、小松菜、ブロッコリーなど地上で育つ葉野菜・緑黄色野菜)、くだもの(基本的にどの果物もすすめられています。ただし、以下の3つは食べ方に注意が必要です。生のリンゴを食べるときはほかの食べ物と一緒にとらず、必ず単独で食べるようにする、ミカンは穀物ととらない、バナナは枝で熟されたものを食べる

●避けたほうがいい食材
揚げ物、牛・豚肉、炭酸飲料、精白小麦、砂糖、刺激物

■ケイシー療法の食事療法に関する参考サイト
http://kushiroph.com/?mode=f57

ケイシー療法とメンタルヘルス

エドガー・ケイシーメンタルヘルスに関するリーディングも数多く残しています。例えば、統合失調症と診断される症状については、ほとんどの場合、脳ではなく背骨の歪み、とくに尾骨と仙骨の歪みが原因となって起きていると語られています。そして、治療としては精神的側面に重きを置いて環境を整えること、オイルマッサージやオステオパシーなど骨の歪みを整える処置を行うこと、心の情緒を取り戻すために暗示治療を用いることなどがあげられています。これらはうつなど、そのほかのメンタルヘルスにも共通して語られています。また、リーディング事例として、パニック障害は、脾臓の問題があり柔軟性のない血液が体内を流れているとして、脾臓部分へのひまし油湿布が勧められています。その他、ADHD血液中の毒素白砂糖の多い食べ物がよくないとして、ひまし油湿布とオイルマッサージなどが勧められています。

ケイシー療法を受けたいときは?

ケイシー療法は、エドガー・ケイシーが示したリーディングをもとに、その考え方に賛同する多くの治療者やセラピストが、自分の医院やサロンで実践しています。メンタルヘルスにおいてとくに重要とされていた骨の歪みへの対処に関しては、ケイシーが残した健康の基本原則やホリスティックな信念に基づいて治療をしてくれる接骨院・整体院、マッサージ店があります。ホームページで「ケイシー療法」に続けて「マッサージ」「整体」などと検索すると、ケイシー療法をベースにした手技を行う治療院やマッサージ店が見つかります。

また、ケイシー療法の代表的な治療法であるひまし油湿布や、オイルマッサージ、食事療法は基本的に自宅での実践になります。その場合、ケイシー療法を実践する際に必要な商品を調達する必要がありますが、ネットショッピングなどを活用することで手に入れることができます。また、ケイシー療法に関する本やDVDも多く出ています。ケイシーが大事にしたホリスティックな視点や、心と体、魂の三位一体の話など、メンタルヘルスを実践するうえで、とても頼りになるメッセージも多く含まれていますので、こういった本を読むことも心を整える手助けになるでしょう。

■NPO法人 日本エドガー・ケイシーセンター
https://edgarcayce.jp/

 

こころにいいもの・いいことサイト