依存症・神経症の克服プログラムに活用された祈り

依存症・神経症の克服プログラムに活用された祈り

神よ、変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受け入れるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。

(大木英夫 訳)

「ニーバーの祈り(The Serenity Prayer)」、日本語では「平静の祈り」「静穏の祈り」とも呼ばれるこの祈りは、米国の神学者・雑誌編集者であったラインホルド・ニーバー(1892-1971)の言葉です。
米国のアルコール依存症薬物依存症神経症克服するプログラム開始前この祈り唱えられていたことから、広く知られるようになったと言われています。

【編集部より──執筆者の感想】
これを見たときに、「まさにその通りだ」と感じました。
人生において、自分が前に進めなくなったとき、困難に直面したときに、
この祈りの言葉を、“自分に言い聞かせることで、道が拓けてくる”
私にとっては、そんなふうに“後押し”をしてもらえる言葉です。
そして、自分ひとりでは無理だと痛感した私は、まさに神にそのように祈ってみました。
信じられますか?
そしたら、チャレンジが楽になったのです。

Top photo by Stephanie Clifford

こころにいいもの・いいことサイト