• HOME
  • いやしと育み
  • こんな生き方あってもいい!いや、むしろ憧れ「山奥ニート」【おすすめ本紹介】

こんな生き方あってもいい!いや、むしろ憧れ「山奥ニート」【おすすめ本紹介】

何のために生きているんだ。
何のために働かなきゃいけないんだ。

そんな疑問を、もし少しでも持って
日々を過ごしているとしたら、ぜひ手にとって読んでみてください。

これは和歌山県の山奥の限界集落に生きるニートたちのお話です。
彼らの生活はとてもシンプルかつミニマム
家賃はゼロ円、生活費は月額1万8000円。
ときどき村人のお手伝いでおこづかいを稼いで生きていく。
インターネットさえあれば、買い物も娯楽も問題なし。
リモートの可能性をフル活用し、
新たなゆるゆるライフスタイルユーモラスに魅せてくれます。

でも、しっかりと大切なことが伝わってきます。
生きることは選択の連続。
さて、どんな選択をしていこう──。

なんて、そっと背中を押され、
読み終わったあと、ちょっとだけ、
読む前より見える視野が広がっているかもしれません。

石井あらた『「山奥ニート」やってます。』光文社

こんな記事も読まれています