花を飾ってみませんか

花を飾ってみませんか

真っ赤なツバキを見て「わぁ」と心を弾ませたり
満開の桜を見て心がホッとほぐれたりしたことは、
誰にも一度は覚えのあることだと思います。
この小さな心の振動がもたらす効果を、暮らしに取り入れてみませんか。

実は、花によってストレスが軽減され、
体がリラックスする
ことは、医学的に証明されています。
千葉大学の研究では、花をそばに置くことで
前向きな気分になれるという主観的要素と、
ストレス時に高まる交感神経の活動がダウンし、
リラックス時にみられる副交感神経の活動が
アップする
という客観的要素が立証されました。

五感を司る右脳が、花からの刺激を受けて気持ちや行動に変化を起こさせる
という説もあります。五感で感じることのできる花の特徴には、
香り感触などもありますが、身近なのは色による効果です。
人は暖色を見ると温かさを感じ、寒色を見ると涼しさを感じるように、
花の色からもさまざまな刺激を呼び起こされます。

・・・意欲や勇気

ピンク・・・緊張をほぐす

イエロー・・・ストレス緩和、コミュニケーション能力向上

・・・心身リフレッシュ

ブルー・・・理性や自制心

オレンジ・・・体内機能活性、体温上昇

・・・鎮静

玄関には前向きな気持ちになれる色の花を、寝室には落ち着ける色を・・・
と場所による色選びは定番ですが、ときには直感「この色!」と選んでみると、
自分が無意識に必要としている効果に気づくかもしれません。
ピンク色の花を選んだら「肩に力が入っていたかな?」とか、
オレンジ色の花を選んだら「元気になりたいんだ」という具合に。

花選びに迷うときは、お花屋さんに相談して

●「飾りたい場所」

●「欲しいイメージ(癒される、元気が出る、大人っぽい、など)」

●「予算」

これら3つのポイントを伝えて、
気分に合った花を選んでもらうのもひとつの手段です。
また、選択肢は足もとにも。庭先に咲く草花は摘みたてをすぐに挿すことができ、
いつでも気軽にフレッシュな季節を感じることができる
我が家専用の花市場です。

飾って得られる効果を知り、選んで発見する自分からのサインを受け取って。
「私」を咲かせてくれるを、飾ってみませんか。

こころにいいもの・いいことサイト