大自然を舞台に展開される“いのちと絆”の物語【おすすめ本紹介】

大自然を舞台に展開される“いのちと絆”の物語【おすすめ本紹介】

2015年「本屋大賞」を受賞した小説
『鹿の王』上橋菜穂子著)。
このお話、読み始めるとストーリーに引きこまれ
止まらなくなります。

死に至る謎の病”に侵され一命を取り留めた男と、その病の治療法の解明に挑むもうひとりの男。2人の主人公の視点で描かれる2つのストーリーで、物語が始まります。
父と子自然界と人病と治療戦いと平和生と死支配する側と支配される側…。いくつもの対を成すテーマが絡み合いながら描かれ、やがてひとつの壮大な生命(いのち)のしくみの中ですべてがつながっていく一大エンターテインメント作品です。

この物語から何を感じ取り、どこを面白いと思うかは、人それぞれ。きっと十人十色の感じ方となるはずです。
そして、読み終わると、人それぞれに「あの場面がまた読みたい」と思う箇所が出てきて、不思議ともう一度読み返したくなる。そんな魅力が凝縮された一冊です。

 

鹿の王_上『鹿の王』 上 生き残った者鹿の王_下『鹿の王』 下 還って行く者

鹿の王 特設サイト( http://www.kadokawa.co.jp/sp/2014/shikanoou/

こころにいいもの・いいことサイト